日本人の場合は、「すまないけれども」、「悪いんだけれども」とへりくだった感じでお願いをします。

しかし、欧米人であれば「実は今自分はとても困っている。しかし、あなたの力があれば、この困難を克服することができる。あなたの力はとても強力で貴重である。なので、ぜひ協力をお願いしたい。具体的には○○をしていただきたい。お願いできるだろうか」といったアプローチをとります。

こういった違いは、日本語で学ぶよりも、英語を学ぶ上で接することが多いように思います。
その理由は、英語のネイティブスピーカーが良く使う表現であったり、英語独特の話法として紹介されるからです。

こういった依頼の仕方は、英語を話すときだけ使わなくてもよいわけです。したがって、相手が英米人でなくとも、アジア人や日本人に対して使うこともできます。

つまり、英語を学んでいれば、日本語の文化にはない会話の展開方法を知ることができますから、あらゆるコミュニケーション上のアプローチの仕方を試すことができるようになります。

これも英語を学ぶ利点の一つと言えるでしょう。

日本語の文化では、英語の文化に比べると、単刀直入な会話の展開や、抽象的なモノの言い方がこのまれる傾向にあります。

日本では「あなたは日ごろ何を食べていますか」という抽象的で漠然とした質問の仕方をしてしまいがちですが、英語の文化では、質問する場合、「日本人はたいてい朝はご飯を食べる人が多いと思われていますが、実はパンを食べる人がとても多いんですよ。あなたたちはどうですか?パンのほうが多いですか、それとも御飯ですか、あるいは別のものを食べるんですか」と具体的に聞くことが多いです。

単刀直入に聞くほうが、聴き手によってはイライラしなくてすむ、とおっしゃるかたもおられるでしょうが、英語的な聞き方も、相手もリラックスして、具体的な答えを教えてくれることが多いのではないかという良さもあるのではないでしょうか?
仮に、「ご飯もパンも食べません。麺を食べます」という答えがもらえた場合、「そうなんですか?では、昼ごはんや夕ご飯はどうですか?その時もパンですか?」とか、「どういった麺なんですか?温かいものですか、それとも冷たいものですか?」というふうに話を膨らませることができるでしょう。ちなみに、これらの表現を英語で伝える場合、中学レベルの英語で表現できます。
ちなみに、日本と英語とは別の言語が少々できるようになったときに、こういう話の進め方を知っていれば、それほど高度な単語や構文を使えなくても、会話を楽しむことができるかもしれませんね。

このように、英語を学習するというのは、単に英語という言葉が操れるようになれるという以外にも、発想そのものを多様にするという、いわば複眼的思考の力も鍛えてくれるのです。