TOEIC SWテストの具体的な問題の形式を見ていきましょう。

スピーキングテストはすでに述べたとおり計11問で構成されており、試験時間は約20分となっています。
スピーキングテストの構成は以下の通りです。

Read a text aloud
(音読問題)
問題数は2問(準備時間 各45秒・各問45秒以内に解答)
問題内容は「アナウンスや広告などの内容の、短い英文の音読」
出題意図は「発音・イントネーション・アクセントの評価」
評価得点は「0~3段階で評価」

Describe a picture
(写真描写問題)
問題数は1問(準備時間 30秒・45秒以内に解答)
問題内容は「写真を見て内容の説明」
出題意図は「発音・イントネーション・アクセントの評価に加えて、文法・語彙・一貫性についても評価」
評価得点は「0~3段階で評価」

Respond to questions
(応答問題)
問題数は3問(準備時間 なし・各問15秒または30秒以内に解答)
問題内容は「身近な問題についてのインタビューに答えるなどの設定で、設問に解答」
出題意図は「発音・イントネーション・アクセントの評価に加えて、内容の妥当性・内容の完成度についても評価」
評価得点は「0~3段階で評価」

Respond to questions using information provided
(提示された情報に基づく応答問題)
問題数は3問(準備時間 なし・各問15秒または30秒以内に解答)
問題内容は「提示された資料や文書(スケジュール等)に基づいて、設問に解答」
出題意図は「発音・イントネーション・アクセント・文法・語彙・一貫性・内容の妥当性・内容の完成度について評価」
評価得点は「0~3段階で評価」

Propose a solution
(解決策を提案する問題)
問題数は1問(準備時間30秒・60秒以内に解答)
問題内容は「メッセージなどを聞き、その内容を確認した上で、問題の解決策を提案」
出題意図は「発音・イントネーション・アクセント・文法・語彙・一貫性・内容の妥当性・内容の完成度について評価」
評価得点は「0~5段階で評価」

Express an opinion
(意見を述べる問題)
問題数は1問(準備時間15秒・60秒以内に解答)
問題内容は「あるテーマについて、自分の意見とその理由を述べる」
出題意図は「発音・イントネーション・アクセント・文法・語彙・一貫性・内容の妥当性・内容の完成度について評価」
評価得点は「0~5段階で評価」