TOEICのリスニング問題のナレーターはアメリカ人・イギリス人・カナダ人・オーストラリア人の4カ国の出身者が担当しています。

それぞれの国にはいわゆる”なまり”があり、TOEICはそれぞれのなまりがあろうとも、内容を把握することができる聴解力を求めています。
かつてのTOEICはアメリカ人だけが担当していました。

なぜなら、ETSがアメリカの機関だからです。

しかし、英語といってもアメリカ英語だけではありません。本場のイギリス英語もあり、また、カナダやオーストラリアも母語として独特の発達をしてきました。
これらを扱ってこそ、コミュニケーションのための英語としての試験として信頼に足るものになるのだとTOEICは判断したのだと思います。

 

さて、私たち日本人は特にアメリカ人やカナダ人の発音が聴きやすく、イギリス人・オーストラリア人の発音が聴きづらいという特徴があると思います。
TOEICのリスニング問題練習していて、イギリス発音に特別な対策が必要だと判断した場合は、集中的に取り組んだ方がいいですね。
たとえば、アルクからイギリス発音のリスニング本が出ています。表現も発音もアクセント・イントネーション、全部がイギリス英語です。
『究極のイギリス英語リスニング』という本なのですが、これはスタンダードとデラックスの二つがあります。
TOEIC対策というのであれば、スタンダードの方だけを使ってしっかりトレーニングしてください。デラックスは使われる単語も表現もレベルが高く、独特の表現も使われていて、TOEICの対策書としてはかなりムダが出てきます。

 

トレーニングの方法は、何度も聞きながら、発音の仕方を真似てみてください。慣れてきたら、音声をある程度聞いて、それをテキストを見ずに再現してみてください。
もし再現できれば、きちんと音声と文字が一致できているということ。つまり、イギリス発音でアナウンスが流れてもきちんと聞きとれる力が付いているという証拠です。
ちなみに、オーストラリアなまりというのも、イギリス発音に輪をかけて聞き取りにくく感じると思いますが、イギリス発音に慣れてしまうと、オーストラリアなまりはそれほど聞き取りにくくは感じなくなると思います。

 

TOEICのナレーターにはイギリス発音で話す人や、オーストラリアなまりのある人も出てきますが、表現などはどの国にも共通して通じるものしか出てきませんので、各国独特の慣用表現やスラングをおさえる必要はありません。