「TOEICで高得点をとるためには1万語の単語を覚えないといけない」とかまことしやかなことが言われますが、実際にはそれほど単語力は必要ありません。

これは単語に限らず、TOEICでは文法事項にしても、語法にしても、リスニングの精聴力にしても、皆さんが思われているほど高度な力は必要ではありません。

実は、TOEICが求めている、あるいは、TOEICで高得点をとるのに必要とされる力はある程度限られています。その範囲内の力を徹底的に高めて、正確にアウトプットできる人こそがTOEICで高得点をとることができるようになっています。

まずTOEICで必要な単語ですが、これは4000~5000語程度の範囲で出題されます。

TOEICのPART6などでは最近英検1級レベルの8000語~10000語レベルの単語が出題されますが、1,2問程度ですから、満点を取ろうという人以外は無視して構いません。

そして、TOEICで高得点をとるためには、この4、5千語を1語1語丸暗記しても意味がありません。大切なことはコロケーション(単語と単語の組み合わせ)になれることです。

たとえば、institute(~を設立する)と覚えるよりも、institute a company(会社を設立する)・institute an organization(組織を設立する)のようなバリエーションを頭に入れておいたほうがTOEICのスコアを上げてくれます。

先日も、variousとvariedの違いを問う問題が出題されていました。

variousもvariedもどちらも「異なる・さまざまな」という意味で、日本語訳だけをみれば、それほど差はありません。

しかし、「variousの後には複数形の名詞でなければならない。一方で、variedの後には複数形でも単数形でもよい」というルールがあります。

その問題では、選択肢にvariousとvariedが含まれており、空所に埋めるのに適切な単語を選択肢から選ぶのですが、空所の後には単数形の名詞がありました。

したがって、正解は単数形を後におけるvariedになります。variousだと後に単数形の名詞を置けないので不正解となります。

こういった単語の微妙な使いまわしなどが問われるということは、日頃から辞書を引いて、単に意味を見るだけにしておくとか、単語集ばかりに頼って、用法やニュアンスをきちんと調べない、意識を向けない、という状態ですと、せっかく知っている表現ばかりが出題されても、肝心の正解を選ぶことができないということになりかねません。

たとえ面倒であっても、特にリーディング問題で出てきた表現については、きちんと辞書で調べて、用例や用法、ニュアンスなどもしっかり読んで、頭に入れておいた方がいいでしょう。

英英辞典を使うことがベストなのですが、最近の英和辞典はかなり内容が良くなっていますし、場合によっては英英辞典よりも用法やニュアンスの違いについての説明が充実していることが多いですから、ぜひ使ってみてください。

いうまでもありませんが、お金に余裕がある方は電子辞書を使われるほうが、こまめに引けますし、引いた単語をメモリー機能を利用して、ストックしていくことができます。

ある程度たまったら、弱点ノートとしてまとめて、何度も見たり音読しておくと、スコアが急激にアップすることがありますので、ぜひやってみてください。