かつて、「TOEICで900点を取りたいなら、10000語は必ず覚えなさい」といったことがまことしやかに言われていました。

要するに、TOEICは単語のレベルが高い、TOEICで高得点を取ろうと思ったら、ひたすら単語を覚えろ、ということです。

しかし現在、TOEICの分析が進み、明らかになったのは単語力としては4000語ぐらいをしっかり運用できれば、十分900点を超えるスコアが取れることが明らかになってきています。

これは英検準1級程度の単語力です。

最近はTOEICも難化傾向になっており、英検1級の基礎から標準レベルの単語をちらほら出してくるようになってきていますが、それも1000語も2000語も覚えないといけないわけではありません。

よく出るとされるほんの500~600語程度なのです。

ここはTOEICのスコアアップ、特に900点オーバーのために、特に重要なポイントです。

単語力が足りないんじゃないかと思って、むやみやたらと単語を覚えていませんか?

スコアアップに必要な単語は4000語までということをぜひここで確認しておきたいと思います。

少なくとも、10000語も覚える必要はありません。

ただし、「英検準1級程度の単語ならもうすでに覚えている。

なのに、スコアがなかなか900点を超えない」という人もいらっしゃるでしょう。

そのカラクリは、実は2つの条件を満たさないと、TOEICの点数が伸び悩むという特徴があるのです。