滞在資金を稼ぎながら滞在できるワーキングホリデー(ワーホリ)ですが、実際には渡航までに、ある程度の準備資金を用意しておかなければいけません。

航空券代だけで現地に行って、すぐに仕事を見つけて生活できるほど甘くはないのが実情です。

中でも英語力が大きな障害になって、収入がよく就職の競争が低い仕事に就こうと思ったら、高い英会話力を求められるのは確実。

多くのワーキングホリデー(ワーホリ)経験者が、「滞在前までにしっかり英語力を鍛えていけばよかった」と言っています。その理由はやはり仕事を見つけるときに英会話ができたほうが条件も採用の面接も、採用された後の上司や同僚とのコミュニケーション、友人を作るきっかけづくりもスムーズに進むからです。

先ほど紹介した3カ国でワーキングホリデー(ワーホリ)生活を送るのであれば、やはりしっかりとした英語力を身につけてから渡航したほうが、収入も得られて楽しくてラクな生活が送れることは言うまでもありません。

また帰国してからの就職活動の際にも、ワーキングホリデー(ワーホリ)に行ったからには、英語ができることを期待されることは間違いないでしょう。

ワーキングホリデー(ワーホリ)の渡航先で英語を学ぶのではなく、事前に英会話の能力を高めて、現地では日本では学ぶことができないネイティブスピーカーのセンスや、国際ビジネスコミュニケーション能力に磨きをかけるという意味で渡航したほうがいいでしょう。