続いてはシドニーです。言うまでもなくオーストラリア最大の商業都市ですね。便利さでいえば最も住みよい場所です。

シドニーにワーキングホリデー(ワーホリ)で訪れて、働き口を探すのもそれほど難しくはないでしょう。鉄道網も発達しているので交通の便もよいと思います。
しかし、問題は物価の高さです。何をするにもかなり費用がかかります。

シドニーの物価は東京の物価かそれ以上の価格になると思っておいたほうがいいでしょう。

その一方で、アルバイトの給与も高いため、すでに英語力に自信があって、飲食店などの労働経験ではなく、オフィスでの有給インターンシップのような感覚で仕事を探すという感覚でのワーキングホリデー(ワーホリ)であれば、シドニーをお勧めします。

シドニーで使われる英語も特にオーストラリアなまりの強い人も多くありません。

同じような都市として、メルボルンがあります。メルボルンはオーストラリア第2の都市で、街並みが美しく、公園もいたるところにあって、芝生でくつろいで昼間を楽しむということもできる都市です。メルボルンはどちらかというと、ワーキングホリデー(ワーホリ)に人気のある都市というよりも、大学や専門学校が多く、留学をするのに最適な都市という感じがあります。

したがって、メルボルンは日本人が比較的少なく、都市部で英語漬けの生活をしたいのであれば、最適な場所だと思います。

ただし、オーストラリアでも比較的南部になるため、気候や寒暖の変化が大きく、体調を崩しやすくなりがちという点がありますので、ワーキングホリデー(ワーホリ)でメルボルンを訪れる場合には、気をつけたいところです。

一年通して滞在する場合は、夏服と冬服をしっかり持っていかなければならないため、モノ入りになりがちだという点も考慮に入れておく必要があります。

パースやアデレードはブリスベン・シドニー・メルボルンよりも、生活圏になります。
どちらかというと、牧歌的な生活スタイルを楽しみたい人向けです。

これらの都市にはさらに日本人の数が減りますから、ワーキングホリデー(ワーホリ)でどっぷり英語だけの生活をしたい場合はお勧めですが、仕事を探すのが難しいですので、その点には気をつけたいところです。

徐々に現地の生活に慣れつつ、英語力が高まるに従って、都市部で英語だらけの職場体験をしたいというのであれば、ゴールドコーストで生活を始めて、慣れてきたらシドニーやメルボルンを訪れてみるという方法もいいかもしれません。