ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザで滞在する人は通える期間が決まっていますが、語学学校に通うチャンスがあります。

したがって、ワーキングホリデー(ワーホリ)に行くと、まずは語学学校に通うことになるでしょう。

語学学校に通う意義というのは、実はワーキングホリデー(ワーホリ)中に必要になる語学力アップのためというよりも、情報収集のために利用したほうがよいと言えるでしょう。

すでにワーキングホリデー(ワーホリ)や語学留学で現地を訪れている日本人の学生から、現地の生活に必要な情報が手に入ります。

たとえば、アルバイト先をどうやって探すのか、安くておいしい食事を出してくれるレストランやテイクアウトの店、避けるべき行為や立ち入ってはいけない危険な地域などを知るのも彼らからの情報が一番だと思います。

また語学学校はワーキングホリデー(ワーホリ)や語学留学で訪れる学生に対して、宿泊先を紹介してくれる場合もあります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)に行く前に、多くの人が留学エージェントを利用すると思いますが、語学学校が斡旋してくれる場合もあるので、日本人スタッフのいる語学学校にメールで聞いてみるといいでしょう。

ワーキングホリデー(ワーホリ)に行くのが語学習得のためだと思っている方には、語学学校で英語を何とか身につけられたらと思っているかもしれませんが、意外と思ったほど力がつかないことが多いです。

ワーキングホリデー(ワーホリ)に行く前に、アルバイトの面接を英語でこなせるぐらいの英会話力がないと、現場であわてることになり、無駄な時間を過ごすことになります。