ワーキングホリデー(ワーホリ)中に携わることのできる仕事ってどういうものがあるの?

こういう質問が多く寄せられますが、一番メジャーなのは日本食レストランやテイクアウト専門店での仕事ですね。

こういう仕事はキッチンハンドと言われます。

場合によっては通訳と運転手を兼ねたツアーガイドや、みやげ物店での日本人観光客担当店員、日本語教師やホテルのルームクリーニング、場合によってはベビーシッターなどの仕事もあります。

かなり英語力が高ければ、ワーキングホリデー(ワーホリ)といえども、オフィスでの事務仕事や営業の仕事、通訳・翻訳業務担当者やテレフォンオペレーターなど、ネイティブと同じレベルの英語力を鍛えるきっかけになるような仕事につけることがあります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)でせっかく大きな国土を持つ国に来たのだから、日本ではなかなか体験できない仕事がしたいというのであれば、ピッキングと呼ばれる農地での収穫作業の仕事があります。

完全に田舎暮らしですから、仕事仲間と食事をしておしゃべりをするぐらいの楽しみしかありませんが、時給も結構高く日本では得難い経験ができるので人気があります。

オーストラリアの場合はピッキングの仕事に従事すればビザ延長のチャンスが与えられるので、滞在を伸ばしたい人に特に人気があります。