東京オリンピック開催の決定やインバウンドの観光客の増加を受けて、国家資格である通訳案内士試験が人気を博していますが、本年度の受験要項が発表されています。

願書配布:5月16日~7月1日
試験日程:(筆記)8月21日(日曜日)/(口述)12月4日(日曜日)
受験料:11,700円

詳しくはこちらのリンクへ(http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/)

TOEICスコア840点を取っていれば、筆記試験のうち「英語」が免除されますので、残りは「日本地理」「日本歴史」「一般常識」のいわゆる「邦文試験」で7割を超えていれば筆記は合格できます。

口述は模擬通訳のような試験になりますが、筆記の後に3カ月ちょっとありますから、対策も立てようがあります。

通訳ガイドをお金をもらって行うためには、この資格がないと罰せられますので、将来外国人の方を英語で案内しておこづかい稼ぎをしたり、生涯現役を貫きたい方には、ぜひとも果敢にチャレンジしていただきたい資格です。

「TOEIC840点は取れているけど、邦文試験に不安、、、」とおっしゃられる方は、当エデュソルイングリッシュで、邦文対策セミナーを行いますので是非ご活用ください。

 

 ★ 邦文試験対策セミナー

   日程:日本歴史(6月19日・6月26日)/日本地理(7月3日)/一般常識(7月24日)

      各セミナー12時~16時の4時間となります(途中休憩が何度か入ります)

   受講料:日本歴史は15,000円、日本地理・一般常識はそれぞれ7,500円
      (3科目同時受講の場合は30,000円のところ、27,000円に割引いたします)

 

基本の基本から、丁寧にレクチャーし、本番で合格点が取れるように徹底準備いたします。

ですので、「日本史は全然ダメ、そもそも時代をきちんと順番通りに言えない。平安の次って室町、鎌倉、江戸でしたっけ?」という方や、「地理が覚えられない、、、47都道府県全部言える自信がないんですが、、、」といった方でも大丈夫です。

気になる方は、まずはお気軽にメール・お電話にてご相談ください。